プラセンタもきっと喜んでいる

プラセンタもきっと喜んでいる

今までは赤ちゃんが生まれたら役目を果たして終了していた胎盤ですが、お肌のために生まれ変われることができて、きっと胎盤も喜んでいるに違いない、と思っている筆者です。最初の人生は新しい命のために、そして次は少々年齢を重ねたお肌のために(笑)活躍できるなんて、本当に素晴らしいですね。

 

新しい命を全力で守り、馬だったり豚だったりヒトだったりと、その生き物の大元を作るお手伝いをする胎盤。体全体に豊富な栄養素を持っているからこそできることです。因みに余談ですが、ヒトの胎盤は、医薬品、治療薬としてお薬のメーカーで使っているところがあるそうです。出産を2度経験している筆者は、個人的には使わなくなるものから、他の人の役に立つものが生まれるなんて、とても素晴らしいことなので、是非活用して、誰かの病気を治す治療薬にしてほしいなと思います。医学の進歩によって、このような使い方が生まれたということを考えると、医薬も素晴らしい、人間も素晴らしい、と何度も素晴らしと感激してしまいます。

 

様々な動物の胎盤を有り難く使わせていただき、今日も周りの生き物に感謝し、より良い共存を目指して、静かに手を合わせてみている筆者なのでした。